電話占いノウハウ

電話占いの頻度ってどれくらい?おすすめの頻度や多すぎるとだめな理由

投稿日:

好きな場所から好きなタイミングで本格的な占いをすることができるということで人気の電話占いですが、どのくらいの頻度が適切なのだろうと疑問に思うこともあるかと思います。

好きなときに利用すればいいと考えることもあるでしょうが、実はおすすめの頻度というものがあります。

電話占いの理想的な頻度

電話占いの理想的な頻度は3ヶ月~4ヶ月に一回程度であるといわれています。

意外と長いと思うかもしれませんが、例えば自分の今後の運勢やこれから先の人生などを占ってもらうとします。

これらはそうそう変わるものでもないため、頻繁に占ってもらってもあまり代わり映えしない鑑定結果となってしまうのです。

せっかくお金を払って視てもらうのですから、それではもったいないでしょう。

ただし深刻な悩みや進展がある悩みなど、占いの内容によってはもう少しスパンを短くしても問題ありません。

自分の悩みに合わせてタイミングを調整してみるとよいでしょう。

電話占いの回数が多いとよくない理由

電話占いを利用する回数が多いと良くない理由は、鑑定結果が変化しづらいだけではありません。

ずばり、頻度が高ければそれだけ依存の可能性が高まるという理由もあるためです。

なにか気になるたびに利用していると自分の意志で答えを出すことができなくなってしまったり、占い師のいうことは絶対だと思いこんでしまうなど危険な状態になりかねません。

自分が満足する答えを人に言ってもらって安心感を得たいと考えるようになってしまうこともあります。

一般的に電話占いに依存している可能性が高いのは週に3回からであるといわれているため、その回数を目安に利用しすぎないようにしましょう。

週に何度も占い師に相談しないと落ち着かないと落ち着かないと感じるようになった際には注意が必要です。

電話占いは同じ占い師がいい?

電話占い依存ではないけれど、なんとなく納得できる結果が出ないため複数の占い師に占ってもらった結果頻度が高くなってしまうということもあるかと思います。

占いというのは電話占いに限らず、占い師との相性が重要となるものであるため、もし自分と波長が合っていないなと思うのであれば自分に合った占い師を見つけるまで頻度が高くなっても問題ありません。

ただし相性ではなく自分の理想の答えを求めてしまうというのであれば、目的が変わってしまうため回数を制限するようにしましょう。

電話占いはいつでも気軽に利用でき、相手の顔が見えない分深刻な相談などもしやすいことから高い頻度で利用してしまいがちなものです。

依存しないよう自分をしっかり持って、必要なときだけ賢く利用するようにしたいものですね。

-電話占いノウハウ

Copyright© 電話占いtrade-master.jp | 超当たる占い師が初回無料でOK , 2021 All Rights Reserved.